ジャングルジムの早川です。

自由に書かせてもらいます!!

保護者会でした

こんばんは、ジャングルジムの早川です。

 

今日は久しぶりの保護者会でした。

 

午前中が小6、午後が小5という予定でさまざまなお話をさせていただいたのですが、毎度毎度のことですが、保護者の皆様を前に何かを話すというのはとても緊張してしまいます。

 

今回は電子黒板や製本機能がついたコピー機など、ここ1年で仲間に加わった機材をフル活用するという形で保護者会の方を行ったのですが、だんだんと塾が進化しているなぁと感じました。

 

さて保護者会の内容ですが、これまでの指導のご報告と今後の流れについて、小6の保護者会ではこの先本格化する模試との付き合い方や併願を作る際の参考データ、2021年入試のご報告などなど様々な内容があったかと思います。

 

暑いなか貴重なお時間をいただき、ありがとうございました。

 

このあと始まる1学期面談もどうぞよろしくお願い申し上げます。

お前は大したことない人間なのだ

こんばんは、ジャングルジムの早川です。

 

今日とあるメールが塾の問い合わせフォームから入っていました。

いつも、塾の問い合わせフォームには英語やロシア語の迷惑メールが入っているのですが、今回は珍しく日本人のお名前から来ていました。

通常、日本人からくるメールは迷惑メールではなく非常にありがたい、とてもワクワクするお問い合わせメールであることが多いので、私は「おっ!」と思いそのメールを開封したところ、残念ながら体験入塾希望のものではなく、

「貴社のホームページなどを拝見して、非常に素晴らしいと思う点が多々ありました。ですので、是非取材をさせて欲しい。それをウチのサイトに載せるけれど費用はいらないよ」というものでした。

 

正直、新しい塾生が来るというものではないのかぁと落胆すると同時に

(取材、掲載となるとこれは宣伝広告にいいんじゃないかな。みたところけっこうしっかりしたサイトだし、早川三太で調べてこれが出てきたら、自分のことを知らない人でもけっこう信頼してくれるかも)

といったようなスケベ心が働いて、返信を送りました。

 

それ以降何回かやりとりがあって、調べてみたところ結局その手の営業は、かなり評判が悪く、数百万単位の高額な経費と引き換えにメディア出演を斡旋するという手のもので、すんでのところで、止めることができてラッキーだったという話だったのですが、今回このようなことを経験して思ったところがいくつかあったわけです。

(ちなみに、本を出さないかという営業は何回かメールで来ていたことがあったのですが、先方、本当に私の授業ブログとか読んでるの?と思ってこちらは黙殺しています←国語科を担当する身分でそれはそれで大丈夫なの?)

 

まず、タイトルにもあるように「お前は大したことのない人間だ」と突きつけられたような気がしました。

もちろん、私は自分を大したことのある人間だと思っているわけでは無いのですが、普通に考えれば、取材を受けるような人間、はたまたドキュメンタリー番組、例えばプロフェッショナル仕事の流儀やガイアの夜明け情熱大陸などに出演する人間は相当目立つ偉大なことや多くの人々の心を打つようなことを成し遂げた人に限られるわけであって、私のような駆け出しには憧れるのは自由であっても、まさか出て誰かの心を動かすには至らないということです。

(もちろん中学受験や学力を伸ばす、楽しい授業をする、生徒さんの得意苦手、性格を把握し指導に反映させるという点ではプロだと思っていますし、負けてたまるかと思ってますよ)

 

こんなことはわざわざ明文化するまでもないのですが、今日の一件でそれを突きつけられたような気がしたわけですね。

 

また、無料であるということに飛びついて万が一、取材を受けそれがサイトに掲載されたとしたら、そのサイトをいじわるな目で見たら、(あ、この人無料につられやすい人なんだ)

(この人は営業すればチャンスありそうだな)

なんて、誰だかわからない人たちに見られてしまい、新たな営業がたくさん来るのではないかと邪推してしまうわけです。

 

この話を知り合いの塾長たち

(私は全国個人塾長組合という全国の個人塾の塾長が属する100名超のLINEグループに加入しております)にしてみたところ

「あぁ、これはよくある話ですよ」

「取材商法ってやつですね。営業キツイですよ」

「ガッキーが取材にくるなら100万払いますわ」

深キョンなら…」

といったようなコメントをいただきました。

 

それを見て、あぁ今回初めてだったから危うく面倒な思いをするところだった。と胸をなでおろしました。

 

またひとつ、営業パターンを身につけることができて、それはひとつのいい経験だったのですが、中学受験界には本当に有名人と言える方が複数います。インフルエンサーというやつでしょうか。

 

本を何冊も書いたり、講演会などでご活躍されていたりする塾の先生や家庭教師の先生も確かにいらっしゃいますし、10月には2月の勝者がドラマ化されるようですので、そこで一見クローズドな中学受験とい話題がかなり多くの人の目に触れることになるのでしょう。

最近は、スッキリ!などの番組で芸能人のお子様が中学受験に挑む様子が密着取材され、その都度インターエデュが盛り上がります。

 

そのような中で、あわよくば中学受験専門塾ジャングルジムという中学受験激アツ地域からちょっと離れたところに、楽しくて成績メチャ上がってメチャ受かるという奇跡のような塾がある(実際こうご先生は中学受験界の重鎮かつカリスマなのですが)ということが、多くの人の目に触れれば、塾生がたくさん増えてさらに活気ある塾になったり、有名になって私の収入が増え、月に一度の生牡蠣を週に一度にできたりと妄想も膨らんでいくわけなのですが、そんな無料でかつ楽チンに多くの人に知られ、心を動かすなんてことはないんだという当たり前のことをひとつの営業メールを機に確認することができました。

 

いつか、本当にいつか、この仕事を終えつつある自分のことを自分でほめてあげる際の客観的な根拠のひとつとして、自分がどれだけ有名なのか、メディアに取り上げられているのかを重視する時は来るのでしょうが、これは結局目の前の生徒と保護者の皆さまにとって、私がいかに強くかつ、頼りになる中学受験の味方たりえるかということの積み重ねであると思いますので、浮き足立つことなく今やるべきことをやらなければと学んだ1日だったのかなと思います。

 

えっ?今やるべきこと?

はい、わかってます。

 

 

 

 

授業ブログ、また滞納してますね…

明日更新します!!

 

おやすみなさい😅

〜その3〜

多くの人がいろいろなこと、とりわけ就職について心配しています。しかし、私たちが最も心配しなければならない最大の課題は、教育の変革です。

今後30年の技術革命は、社会改革の鍵となります。そして今、世界の一流大学は、未来の社会でどんな人材が求められるかを考えています。そうしないと、そこで教えている学生の多くが仕事にありつけないという厄介な事態になるからです。どの学校も自分たちの教育のあり方について考える必要があります。

これまでの社会は知識駆動型でしたが、これからは知恵と体験が重要になります。これまでは製造が中心でしたが、将来は創造が中心になります。これまでは標準化、大規模化を追求していましたが、これからはパーソナライズ化、差別化を追求するようになります。

これまで、私たちは人をロボットにしていましたが、これから、私たちはロボットを人にするかもしれない。ロボットは人より賢くて力が強く、休息を欲せず、怖がることも怒ることもありません。ただし、ロボットは人類が持つ知恵を永遠に手にできないでしょう。

データの時代、ロボットはさらにロボットらしく、人はさらに人間らしくなれます。人はロボットと競争するべきではありません。どちらがすごいか、どちらが速く走るか、どちらが知恵があるか。人はロボットと囲碁をするべきではありません。囲碁は人のために設計されたもので、人とロボットを比較するツールではありません。

だから私は、未来は知識の競争ではなく、創造力、想像力、知恵、体験の競争だと考えています。リーダーが担うべき責任の競争、そして自立した思考の競争でもあります。未来の教育は知識だけを重視してはいけません。

 

このあたりを読んでいて思ったことは、この人の話は本当に聞きやすいなということです。

文字で起こされたものを読んでいるのですが、ここまで頭にスッと入ってくる文章はあまりないです。翻訳した人もすごいです。

私も見習わなくちゃ←ホントに

 

さて、今後の教育の行き着く先、教育のあり方ということですが、これは難しい問題です。

よく本やニュースで今ある仕事の○割がAIにとって代わられるというようなことを見聞きしますし、この手のことを話題にした入試問題も多く見られるようになっています。

(武蔵と女子学院と富士見の国語が同じ年にこれをテーマにしていました)

 

このような社会だからこそ私学、中高一貫校なのではないかと私は思います。

お家に届いていた他の塾のチラシに

中高一貫校は同じ学力の人が集まるので、同じタイプのひとばかりの集団となってしまい、そこには多様性はありません。

といったことが書いてありましたが、果たしてそうでしょうか?

たしかに、同じ試験を合格した者が集まるのでだいたいの学力は似たようなものになるでしょう。そこは否定しませんし、私学が高い合格実績を出しているのもそこが理由のひとつとなっています。

 

私が違うなと思ったのは同じタイプの人ばかりの集団という点で、さすがに性格や生徒ひとりひとりのキャラは私学だからといって一つにまとまるようなものではないと思うのです。

むしろ、様々な地域から集まってくる生徒たちと関わることも多様性の一つなのではないかと思いますし、部活や委員会の先輩・後輩の縦つながりが前後6年の世代の中で強固なものとなっている。転勤があまりないので卒業後に教員室に遊びに来ても自分を覚えてくれている先生たちがたくさんいるなんて環境は必ずしも金太郎飴のようなものではありません。

 

私の中高にも本当にいろいろな人がいました。

というより、いろいろな人がいない学校なんていうものは私立でも国立でも公立でもこの世に存在しないのではないでしょうか。

 

そして中高時代の6年間、特に中学時代を高校受験のために過ごすのではなく、もっと人格形成に関わることを学べるという点で私学が果たせる役割はとても大きいのではないかと思います。

マー氏の言うように、知識駆動型の社会から、知恵と体験が重要となってくる社会へと変革していく中で内申点が○点以上でかつ共通の県立入試で○○○点以上なら□□高校へというようなことを考えながら13〜15歳の時期を過ごすのではなく、その学校ごとに大切にしている分野や得意な分野、例えば実験やフィールドワーク、はたまた生徒に大きな行事の運営を任せきってしまうといったような体験とそこで得られる知恵というものが知識のみを重視しない他分野における競争において大きな武器となるのではないかと思っています。

 

そして、その社会の変革は教育の変革のきっかけとなり、教育の変革はその入り口の門となる入試の変革のきっかけとなります。

大学入試共通テストの初回が今年あり、その影響からかここ最近は中学入試も少しずつ変化していっています。

令和の中学受験はまさに入試における過渡期なのではないかと思うほどです。

 

私は塾の人間ですので、社会や教育の転換といったマクロな視点ではなく、この学校の入試問題を攻略するにはというミクロな視点で目の前のテキストや過去問と向き合っています。

しかし、それだけでいいのかというと決してそうではないということをこの記事を読んで痛感しました。

まだ、中学入試には反映されないかもしれない微妙な変化に敏感になることが重要なのではないかと思っています。

 

といっても中学入試問題はまだ知識がまず重要というべきかもしれません。

都立中高一貫校の問題を見るとビックリしてしまいますが、私立の問題は塾で身につけた知識をそのまま吐き出すだけでは難しいかもしれませんが、それらを組み合わせてしっかりと対策を講じていけば、手も足も出ないという事態にはなりません。

私も楽しい授業を心がけてはいるのですが、受験にでないようなことを延々と語ったりするわけにはいきませんので、塾の指導(教育)が大きく変わってしまうことは少なくとも今後3年はなさそうですし、変えようとも思っていません。

 

ただ、先ほどにも書いた通りのんびり参考書と入試問題を眺めていたら入試が全然違くなってしまって対処不能になってしまったということはないように、常に大きな視点で私自身も勉強しないといけませんね。

 

それに応じて、指導も日々アップデートしていかなくては!と思いました。

 

〜その2〜

私はCEOとはChief “Education” Officer、つまり、最高“教育”責任者だと考えています。だから私は杭州師範大学で学んだ教師としての仕事のやり方、そして実際に教師として経験したことを、事業でも活用しました。

 

CEOってカッコいいなぁと思ってました。笑

Chief Executive Officerの略なんですね、

EはEmployerなのかと思ってました。笑

 

マー氏はあえて、Eをエデュケーション=教育と考え、仕事をしてきて結果を出したのですね。

中学受験でも、UNESCOのEはエデュケーションのE、Eテレは教育テレビと教えています。

そうすると、国連UN教育E科学S文化C機関Oを間違えにくく覚えることができてオトクです(授業ブログっぽい)

 

ジャングルジムでは教育という言葉はあまり使用しません。

指導ですね。教科指導、進学塾ですので。

 

ここは言葉をどう解釈するのかで変わってきますが、私個人的には

教育:社会生活を営む上での所作を教え、育む

指導:ある方向へ向かうにおいて導く

と理解していますので、やっぱりジャングルジムは教育重視!というのは違うかなぁと思ってます。

 

しかし、ではジャングルジムは成績が良ければ全て良しとするのか、頭だけを見て、心は見ないのかと言われればそうでもありません。

ただでさえメンタルが大きく左右する受験において、しかも小学生が挑む最初の社会からの冷徹な評価を乗り越えるという面において、人間的成長と学力的成長は分断できないものであります。

 

それを理解した上で、まずは学力を向上させ志望校合格のサポートをするという塾の役割を忘れないように教育と指導をあえて切り離してるという感じでしょうか。

「結果は残念でした。しかし、人として成長しました。」

これで良しとなってしまえば、進学塾本来のあり方がブレてしまうのではないかと私は思うのです。

 

結果が出なかったが、とても大きなものを得ることができたということはよくあることですが、これは決して塾がもたらしたものではないということを忘れないようにしないといけないなと思っています。

 

ただ、塾は学校では担えない部分の教育分野を担っていると思います。

もちろん、つるかめ算などではなくて、学校では言えないことってありますもんね。

生徒と講師がホンネの関係で向き合うことによって、得られる信頼関係なんてのもありますが、それはあくまで副次的なものです。

 

教師は非常に素晴らしい職業で、最も偉大な職業です。教師の仕事の唯一の目標は、教え子をあなたより強く、あなたより良くすることです。すべてにおいて自分より優秀な人間に育ててください。自分の教え子が破産したり、事故を起こすことを望む教師はいません。私たちは皆、教え子が自分よりも物事に適切に対処できるようになることを望んでいます。

 

私も望んでいます。

ジャングルジム生は受験直前の12〜1月、先生を超えていきます。

これは本当の話です。

今年の受験生も、12月の首都圏模試の国語で私を点数で抜いた生徒がいたり、1月の渋幕算数を解いてみようというレクリエーションでは向後先生より速く正答を出したという生徒がいたりと受験直前で学力が最高域に達した生徒は、中学受験のプロをも穿つということがあり、それは講師としてそれ以上ない喜びです。

 

また、私は授業中に空いている席に小学生の早川くんを座らせて授業しています。

かつて中学受験を目指した小学生時代の私の目には、大人になった私の授業は果たしてどう映るか。ここを忘れてしまうと、小学生の気持ちがわからなくなってしまいますので、共感する気持ちを忘れないようにしています。

 

(この子、絶対小6の俺よりできるわ…レベルが違うわ…)と差に落ち込むこともしばしばですが、これもまた楽しみのひとつです。笑

私は人生のテーマのひとつとして「少年のように」というものを重視しています。コムデギャルソンです。これからも精神年齢幼めでいきます!笑

 

と、今回は美辞麗句多めでした。

しかし、本心なので仕方ないですね。

 

ジャック・マー氏、母校でのスピーチを読んで〜その1〜

おはようございます。

ジャングルジムの早川です。

 

中学最大のIT企業であるアリババの創業者であるジャック・マー(馬雲)氏の母校でのスピーチについての記事を読みました。

https://www.businessinsider.jp/amp/post-233043?__twitter_impression=true

GWでお時間があるようでしたら、皆さんも是非お読みください。

 

そういえば、ジャングルジムという塾名の由来も、 FacebookのCOOであるシェリル・サンドバーグ氏がハーバード大学の卒業式で語った言葉「キャリアとはハシゴでなくジャングルジムのようなもの」からきています。

冒頭の「キャリアとはハシゴでなくジャングルジムのようなもの」は自塾のキャッチコピーなもなってます。

f:id:junglegymhykw:20210430045224j:image

https://logmi.jp/business/articles/108370

こちらがそのスピーチについての記事です。

 

まさに大手塾が達成できないことが達成できるような、小さいながらも意味のある塾を作りたい!と燃えていた当時の自分の言語化できない思いにピタッとハマる音が聞こえたようで、すぐにジャングルジムを塾名としました。

 

今日、声の教育社のYouTubeでジャングルジムの塾の名前について褒めていただきました。

とても嬉しかったです。

 

さて、ジャック・マー氏のスピーチを読んでいろいろと思いました。

無料で読める部分の一部を引用しながら、感想を書いていきたいと思います。

 

古今東西、時代を問わず「学歴」は人の心をざわつかせる物差しだ。「学歴で人の価値は測れない」と多くの人が言うが、現実には有名大学に合格すること、あるいは子どもを有名大学に合格することが、社会において小さくない価値になっているからこそ、人は学歴を巡る価値観に揺れる。

冒頭のこの部分は、経済ジャーナリストの浦上さんの文章ですが、塾をやっている私にとっては日々考えなければならないテーマです。

学歴を人の心をざわつかせる物差しと言い換えているところは、国語の抜き出し問題に絶対使いたいなぁというところです←ここかい!

 

というのはさておき、中学受験はかなり学歴競争において序盤の大きな山だとよく言われますし、私も確かになと思います。

塾がはじき出す偏差値や、各学校の年ごとの受験者数・倍率は毎年小さくない変動をするのですが、その要因の大部分がその高校の進路実績、いわば、東大をはじめとする旧帝国大学、医学部、早慶上理GMARCH、(最近は上智、明治、青山学院、立教、東京理科の頭文字をとってSMARTという大学群もあるようです。

私の母校は落選してますね。笑)

といった、大学にどれだけの合格者・進学者・それらの学年の人数に対する割合などが反映されています。

〇〇中学は学年の半分以上にいれば、早慶以上にいけるだろうといった、大体の目安があれば、偏差値はかなり高いところをキープされるといった具合ですね。

これらは面談やスタッフ会議でも頻繁に出てくる文言です。

大学付属校は左についている名前の大学にほぼ進学できるということから、最近人気となっています。

学歴競争を椅子取りゲームと例えるなら、早期のうちに自分の椅子を確保することができますからね。

ただ、私は個人的に大学入学をゴールとして、そこから逆算するという理由〝のみ〟で中学受験にチャレンジするのも令和の今日ではあまり時代にそぐわないのではないかなと思います。

大学の4年間よりも中高の6年間の方が今後の人生において重要な時期なのではないかと思いますし、その6年間を多様性に満ちたいろいろな学校の中から広い視点で選んでいくということが中学受験の第一の意義であると思っています。

過去、現在のジャングルジム生の保護者の皆様も〇〇大のために!という動機でなく、⬜︎⬜︎中なら!という視点で学校選びをなさっていました。

ですので、こうして決定した第一志望校に残念ながら入学出来なかったという結果は当然我々は大きく受け止めなければなりませんし、自分の無力さを感じて複雑な気持ちになります。

 

めちゃくちゃ長くなったので、今回はここまでとして続きは次回とします。

まだ、スピーチの内容に入ってない!という…笑

凄いぞ凄いぞ

開校以来、最も生徒数の少ないタイミングで、史上最大の新規機材を導入しました!

 

その名も、IWB(インタラクティブホワイトボード)です!

 

これは電子黒板なんですけど、ただの電子黒板ではなく、zoomにホワイトボードをそのまま送れたり、教科書や問題がキレイに写ったり、開校以来活用している書画カメラと連動して、とても授業内容が濃いものとなりました!

 

これを中学受験塾で導入しているところはジャングルジムだけ♪

もしかしたら塾全体でもジャングルジムだけ♪

 

どんどん使い方を覚えて、さらなる授業クオリティアップに努めるべく、先生たちのモチベーションは上がりまくっています!!

 

いつかは全ての教室に導入したいなぁと思ってます!

模試デビューです

こんにちは、ジャングルジムの早川です。

 

先日の日曜日に第1回合不合判定テストが行われ、ジャングルジム5期生がそれに挑戦しました。

ジャングルジムは小規模な個人塾であることから、4年生・5年生の間は順位や偏差値が出てくる外部模試といったものは利用せず、ひたすら塾内で力を蓄えるということをやってきました。

ですので、今回が初めてジャングルジムの教室以外で何やら中学受験のテストを解くといった経験になったのではないかと思います。

 

模試の役割については、会場慣れや苦手分野の洗い出しなどさまざまありますが、とりあえず4月の模試に向けて春期講習を頑張ってきたので、それがいい形で現れてくれるといいなあなんで思ってますが、最初の模試は予期せぬことが多々起こります。

思ったような結果じゃなかった…という人はまずは7月にむけて授業の受け方、自主学習の取り組み方などを見直してみるいい機会にしてみましょう。

 

また、これは素晴らしことですが、思ったよりいい結果が出たという人も注意ですね。

きっと多くの人が4月に悔しい思いをして7月になんとか!という気合いであと3ヶ月過ごすかと思います。

今回の結果よりさらなる高みへ!という気持ちで勉強しましょう。

 

さて、私が担当する国語と社会の第1回合不合判定テストはどうだったのでしょう。

 

国語は2020年は平均点が高い!という印象が大きかったです。

2021年の方は解説してみて、模試として非常にまとまったいい問題だなあという印象を受けました。

漢字の書き取りの部分が例年よりも少しだけ難しかったのかなと思いますが、去年と同様、なかなか平均点は高いのかなと思っています。

男子が82点、女子が87点くらいの平均点になりそうだなと思います。

 

社会は2020年は表やグラフの読み取りに時間がかかるなといったところや、時事問題について少しずつ学んでいけるというところが良かったと思いました。

2021年の方は解説をしていて、表やグラフの読み取り問題がなかったことが驚きでした。

これで、時間によって苦しめられるという受験生は減ったのではないかと思います。

しかし、特に地理の問題で細かいなあという問題であったり、正しくないものを選ぶ問題が多かったことから、初めての合不合ということもあって、予想外の失点をしてしまったという受験生も多いのだろうと思います。(ジャングルジム生も例外ではありません)

まだ公民分野の定着にもばらつきがありそうですし、平均点は男女ともに50を切るのではないかなあと思うのですが、どうでしょうか。

 

数日のうちに平均点が出てくると思いますので、正答率などと照らし合わせてみながら細かな分析の方をしていきたいなと思っています。